「クレッシェンド」は、「強くなる」ってこと!

一緒に強くなりましょう。

なぜ Crescendo Lab なのか?
ソフトウェア企業の資産は人であり、
企業文化は人によって醸成されています。

国際SaaS企業を構築するためには、
クレッシェンドする意念を持つ、あなたが必要です。

漸強實驗室夥伴與鵜鶘Logo。
Crescendo Labの企業文化
漸強實驗室團隊穿著招牌鵜鶘Logo T-shirt的日常辦公照。
透明でオープン
リソース共有のクレッシェンド・ラボでは、社内のWikipediaとしてNotionを使用しています。社員全員が共同編集権を持ち、英語でコミュニケーションドキュメントを共有しています。

また、四半期ごとのオールハンズミーティングと毎月のCEO対チームランチタイムでは、お互いにオープンな雰囲気で会話できます。透明でオープンな環境は、優れたコミュニケーション効率とチームの雰囲気をもたすと弊社のみんなは確信しています。
漸強實驗室的員工在一次 Workshop 分享扁平式的組織及透明的資訊,能幫助團隊快速調整以解決問題。
チームワーク
お互いを尊重し、信頼し、サポートすることは、クレッシェンド・ラボの重要なチーム文化です。

クレッシェンド・ラボではすべての社員はチームプレーヤーであることを期待しており、#thank-trainを通じてお互いの努力に感謝する文化もございます。

四半期ごとにはチームビルディング活動を通じてチームの求心力を高める上、最もサポートしてくれた社員を感謝するためベストパートナーを投票で選びます。
漸強實驗室2022年初全員會議的活動側拍。
自由と責任
クレッシェンドの社員は、柔軟かつ自由に仕事をすることができ、オフィスに行くかリモートで仕事をするかを選択できます。また、自由がより大きな創造性につながると信じて、無制限の有給休暇を提供しています。

完全に信用されている同時に、各社員はチーム全体の運営を考えることを求められています。「Ownership Mindset」を持つことは重視されています。
漸強實驗室以打造世界級的 B2B 軟體服務公司為目標,曾邀請 Google、Meta 和萊雅集團等業界講師為員工進行培訓。
学習と能力開発
クレッシェンドでは研究助成金を申請することができます。また、社内のSlackで手に入れた知識を共有することや意見を交換するよう勧めております。

さらに、Google、Meta、L'Orealグループの業界講師を会社に招待して、ワークショップやシェアリングを行うこともあります。「Growth Mindset」は、すべての社員が共有する特徴です。
Crescendo Labでの福利厚生
漸強實驗室2021年初25人團隊合影。
漸強實驗室夥伴們在下班後聚在休息區聊天。
漸強實驗室2021年萬聖節變裝派對團隊合影。
漸強實驗室能自由選擇當天是否遠端工作,圖為全體團隊在家工作、線上會議時的合影。
漸強實驗室夥伴們的客製化人物立牌,裝飾在杯子蛋糕前,慶祝漸強滿五週年。
Crescendo Labのチーム紹介
產品團隊規劃產品,並決定產品開發的優先順序。
Product
製品チームは、製品マネージャー、プロジェクトマネージャー、製品デザイナーで構成されています。製品指向のクレッシェンドでは、PMが製品開発シーケンスの最終決定を下します。
工程團隊由 Frontend、Backend、DevOps、及 Data 夥伴所組成。
Engineering
強力なエンジニアリングチームは、フロントエンド、バックエンド、DevOps、およびデータパートナーで構成されており、開発サイクルはスプリントとして2週間かかり、開発ユニットはポッドの形式になっています。
行銷團隊由產品、內容、及數位行銷、和設計師夥伴組成。
Marcom
マーケティングチームは、製品、コンテンツ、デジタルマーケティング、デザイナーで構成されており、台湾、タイ、日本の同僚も協力して、海外市場の開拓とマーケティングのローカライズに取り組んでいます。
業務開發團隊負責與潛在客戶、合作夥伴 C-Level 階層溝通。
Business Development
事業開発チームは、Cレベルで潜在的な顧客やパートナーとコミュニケーションを取り、ソリューション販売を実現し、新しいマーテック市場でのビジネスチャンスを模索し、会社の売上高を年々増加させる責任があります。
客戶成功團隊做為客戶的專業顧問,給予精準的策略服務並引領客戶成功。
Customer Success
カスタマーサクセスチームは、カスタマーサクセスパートナーとカスタマーサポートパートナーで構成されており、お客様の専門コンサルタントとして、正確な戦略的サービスを提供し、製品価値を最大化してお客様を成功に導くことができます。
營運團隊打造公司的營運制度與工作文化,做為同仁們的堅強後盾。
Operation
会社の運営チームは、会社の運営システムと労働文化を共同で構築し、同僚の強力な支援として機能する財務および管理者と人材育成のパートナーで構成されています。
社員の声
Backend Team Lead of Crescendo Lab-Chris
Chris
バックエンド
クレッシェンド・ラボにおいて「自由」と「自己規律」は絶対に矛盾しない言葉です。

仕事と休暇システムの明瞭化からも分かるように、私は「隠し事なくシンプルに」を目標にかかげて日々就労しています。たまに上司が社員皆に、絶対に答えないといけない、変わった問いかけをすることもありました。またときにはチーム内で立場を超えての揉め事が発生したこともありました。しかしながら、私たちのチームの皆は一人ひとりがしっかりとプロ意識をもっており、必ず理性的なところに戻ってきてくれます。そのおかげで、チーム内で対立や問題を解決することができたのでしょう。

クレッシェンド・ラボのみんなは、学習力臨機応変さを兼ね合わせたチームで、社内の全員が素早い学習能力と問題解決能力を持っています。はじめから、私たちはいろいろな方向に挑戦しようとやる気に満ちて、ミスによってシステムが爆発してしまったことももちろんありましたが、その時チームのメンバー達は落ち着いた雰囲気を積極的に作り出したおかげで、もうミスを恐れることはありませんでした。ミスが起こってしまっても、すぐに改善したことで、最終的にはマーケットリーダーの地位に就きました。 
Product Manager of Crescendo Lab-Mindy
Mindy
Product Manager
会社を選ぶことは、人生に投資するようなものです。誰もが選択した1パターンの人生しか生きられません。選んだ会社によって、将来の思考が大きく決まるように思います。 考えること、思うこと、すること、すべてが完全に異なってくるということです。

クレッシェンド・ラボに所属するパートナーは皆、若く、有能で、友好的で、お互いに正直です。また、自分の意見をはっきり表明することができる人達だと感じます。彼らは、心から製品チームに全力で協力してくれます。「お客様やビジネスパートナーのみなさまに最高の商品をお届けするため」という意識が共有されている証拠です。
Business Development Consultant of Crescendo Lab-Henry
ヘンリー
事業開発
2020年にクレッシェンド・ラボの面接試験を受けたとき、CEOのJinさんにお会いしました。Jinさんは、来年3月に会社の事務所を『敦化南路』(台湾の台北市の住所)に変更し、さらにタイと日本に進出する予定だと言いました。当時は、難しい野望のように思う人が多かったので、それでも挑戦を私にCEO自らが話してくださり、とても素敵だなと感じていました。

翌年3月になって、クレッシェンド・ラボに運命の瞬間がやってきました。オフィスは本当に『敦化南路』に移転しました。そして、海外市場を拡大する準備をするために、タイと日本のプロジェクトを真剣に画策していました。その時、Jinさんが言っていたことがすべて本当のことだったんだと実感し、嬉しく、さらに身が引き締まる思いがしました。

2年後、私はクレッシェンド・ラボ台湾の社員としてバンコクに行きました。バンコクの中心部にクレッシェンド・ラボの名前を見つけた突端、なんと表現していいか分からないくらい感動しました。私はただの一人の台湾人ですが、この世代の台湾が世界の中で目立つようなポジションになって、さらに自分の目にも、世界から見た台湾が飛び込んでくるような状況にしていきたいです。

クレッシェンド・ラボに所属し、ゆっくりと一歩一歩でいいので、この世界を良い方向に変えていきたいです。
Sr. Talent Acquisition Specialist of Crescendo Lab - Ann
アン
タレント・アクイジションスペシャリスト
「クレッシェンド・ラボでの1シーズンは、世間での1年間に該当する。」

これは、ちょうど3ヶ月前に入社したときの私の気分を表現したものです。

クレッシェンド・ラボで働くなかで、得られた自己成長や、そのスピード、また任された仕事に対する責任感などは、どれをとっても過去の仕事では、経験したことがないような、非常に密度の濃いものでした。このチームは、互いに協力的なパートナーが多いだけでなく、素直で、有能、なおかつ現実的な視点も持ち合わせていると感じます。彼らは自分の欠点を認識しつつ「自分が知らないことを知ること」このキーワードを皆しっかりと理解しています。

会社で一番重要な「資産」は人です。先人たちが口をそろえて言うわけは、クレッシェンド・ラボによって、実証されているように思います。私は、クレッシェンド・ラボの採用担当として、面接時に求職者に本心を伝えることができています。こうすると、正直で誠実な態度を持った志を同じくする未来のパートナーが見つかると思います。結果として、社員一人一人と会社の成功に繋がり、これこそが採用の意義だと感じています。これは、私のHR(人事部)としての当初の信条とも深く合致していると考えます。
求人情報
コンテンツプロデューサー (Sr.) (日本)
カスタマーサクセスマネージャー (Sr.)(日本)
クレッシェンド・ラボの文化について
もっと見る!